介護保険で将来の介護費用への備えと介護の悩みを解決!介護保険相談.com

介護保険で将来の介護費用への備えと介護の悩みを解決!介護保険相談.com
ファイナンシャルサロン
お問い合わせサイトマップ
介護保険で将来の介護費用への備えと介護の悩みを解決!介護保険相談.com

介護保険相談.com TOP > 介護サービスの種類 > 要支援1、要支援2 > 介護予防付き有料老人ホーム

介護サービスの種類

要支援1 要支援2

■介護予防付き有料老人ホームとは

 介護予防付き有料老人ホームは、要支援1、要支援2の方が対象の介護予防施設です。介護予防を目的としたサービスを受けることができます。
 利用日数、要介護状態区分によって費用は変わってきます。また利用費用のほかに、入居時に入居一時金、家賃、管理費、食費、光熱費、日常生活費などが必要になります。最近は、入居一時金のない賃貸タイプの有料老人ホームもあります。

 それでは入居一時金がないタイプの有料老人ホームの方が得なのかというと、そういうわけではありません。入居一時金は、言い換えれば家賃の前払いです。当然入居一時金がない場合は、月額費用が高くなります。どちらが得かということは、長期的な視野に立った検討が必要です。
 また、途中で退去をする場合は、入居一時金の一部が返還されます。入居一時金の総額から、初期費用と入所していた期間の分を引いた額が戻ってきます。施設によって入居一時金の償却期間が5年、7年などと決められています。選んだ施設が、ずっと最適とは限りませんので、返金についても確認しておきましょう。

 ちなみに、有料老人ホームの契約でも「クーリング・オフ」ができます。契約時には契約書の確認が必要です。



【主なサービスの内容】
・食事、入浴、排せつなどの支援
・機能訓練
・心身の機能維持・改善
・栄養管理の指導 など


介護予防付き有料老人ホームの費用(自己負担分)のめやす
要介護状態区分 費用(自己負担分)のめやす
要支援1 214円(月額)
要支援2 494円(月額)

 また、以下のように選択制のサービスによって費用が加算されます。このほかにもさまざまなサービスがありますので、施設に確認をしましょう。

選択制サービスの加算費用(自己負担分)のめやす
選択制サービス 費用(自己負担分)のめやす
個別機能訓練加算 12円(日額)

さらに、以下のように利用費用のほかに必要な費用があります。


その他の費用のめやす
その他費用 費用のめやす
入居一時金 数百万〜数千万円
家賃 10万円前後(月額)
管理費や食事など 10万〜数10万円(月額)

※支払い日や支払い方法は施設によって異なります。
※紹介しているサービスの名称、内容、費用のめやすなどは施設によって相違があります。利用をする際には、前もって確認をしましょう。




『介護保険相談』のお申し込みはこちら



ページTOPへ

介護保険相談.com TOP > 介護サービスの種類 > 要支援1、要支援2 > 介護予防付き有料老人ホーム

【保険募集代理店】株式会社ファイナンシャルサロン
本社:名古屋市中区丸の内3-21-25 清風ビル2F Tel:052-253-8891
東京 銀座 大阪 福岡 沖縄